日本を代表するロックバンドとも言えるラルクアンシエル

そのラルクアンシエルが解散危機だということが4月18日付の東スポで取り上げられました。

ラルクアンシエルは本当に解散危機なのでしょうか?

これまでのバンドの解散の理由としてはメンバーの仲だったり、音楽性の違いだったり、事務所との金銭トラブルだったりが多いですね。

そこで今回は「解散危機なのが本当なのか?」真相を知る為にラルクアンシエルのメンバーの仲や、所属事務所の評判などについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ラルクアンシエルのプロフィール

ラルクアンシエル

それではラルクアンシエルのプロフィールから見ていきましょう。

グループ名:L’Arc〜en〜Ciel(ラルクアンシエル)

メンバー:ボーカル-hyde、ギター-ken、ベース-tetsuya、ドラムス-yukihiro

出身地:大阪府大阪市

活動期間:1991年

所属事務所:MAVERICK

レコード会社:ソニー・ミュージックレーベルズ

wikipediaより引用

ラルクアンシエルのメンバーが不仲なのは本当なのか?

ラルクアンシエルのメンバーの仲はどうなのでしょうか。

以前ラルクアンシエルがMステに出演していた時にボーカルのhydeさんが「メンバーは仲が悪い」と言ってたことがありました。

実際ラルクアンシエルは不仲なのでしょうか?

それは2015年のhydeさんのインタビューでだいたいわかります。

以下はhydeさんのインタビューの抜粋です。

─25年一緒にいる仲間ってどんな感じなんですか?

ロックミュージシャンって変わった人が多いじゃないですか、
僕も含めて(笑)。まぁ今のところ、お互い弁護士を通してしゃべるわけじゃないので、
その辺はよかったかなっていう(笑)。そういうバンドもいますからね。
何十年もやってるバンドでお互い横にいるのに、弁護士を通じてしゃべるっていう。

芸人さんが、移動する時は新幹線も別で、楽屋も別で、ステージ上がった
時だけ一緒、みたいなのって聞くじゃないですか。それにすごく近いですね。

─25年もいたら、ずっと一緒にいることは不可能ですよね。

そうですね。ラルクって、「4人平等」っていうのがあったので、
僕からすると4人の社長さんがいるみたいな感じなんです。
4人社長がいて上手く回ってる企業なんて、僕は知らないですよ(笑)。
やっぱり一人引っ張っていくような存在がいないとね。
そういう人がいたら動きやすいんだと思うんですけど、
4人が社長だとそこが噛み合うまで時間がかかるし。
だけど、噛み合った瞬間はものすごい威力を発揮する。
お互いの人間関係も、そういうバンドマジックに似てますけどね。
バンド活動自体がケミストリーになる。音楽だけじゃなくてね。
そんな感じがしますね。

─きっと、25年ってそういう年月ですよね。

そこまでバンドが続くこと自体、ほぼ奇跡なので。
続いてるだけよしとしてくれないですかね、世の中の人は。

このhydeさんのインタビューからもわかるとおり別にラルクアンシエルのメンバーが不仲というわけではないみたいですね。

ただしプライベートでそれほど親しくしているわけではなく、友達感覚で仲が良いというわけでもないみたいです。

あくまで仕事上のパートナーという感じでお互い距離を置いている感じですね。

それにhydeさんの仰るようにラルクアンシエルは4人の社長さんがいるような感じですね。

お互い音楽性の違いもあるので、それぞれ別にバンドを持っていたりソロなどでも活動もしています。

その音楽性が違うメンバー、会社で言えば経営方針が違う社長さんが4人集まってプロジェクトを行うのがラルクアンシエルなのです。

方向性が違う社長さんが4人集まるとまとまるまでには時間がかかりますが、ひとたび結束してしまえば凄い力を発揮するのですね。

そうやってラルクアンシエルはメンバーの入れ替わりはありますが25年以上続いてきたのです。

本当に不仲なら25年以上続かないですよね。(活動休止は何度かありましたが)

同じ人気バンドのGLAYとは違って友達感覚で仲良しというわけではないですが、ラルクアンシエルは仕事上ではまとまりがあり決して不仲というわけではなさそうですね。

スポンサーリンク

ラルクアンシエルの事務所マーヴェリックの評判は?解散はありえるの?

東スポの報道によるとラルクアンシエルの所属事務所であるマーヴェリックMAVERICK)とのギャラの未払いなどによる金銭トラブルからの不信感が原因で解散危機が報じられているようです。

マーヴェリックはシドムックギルガメッシュなどのヴィジュアル系のバンドが多く在籍している事務所ですね。

社長は大石征裕さんという人らしいです。

東スポが報道している事務所とギャラの未払いなどによる金銭トラブルに関して調べてみましたが、マーヴェリックに関しての悪い噂は見当たりませんでした。

しかし例え事務所とのトラブルがあったとしてもラルクアンシエルというグループが解散するかどうかは別問題です。

例え今の事務所から独立しても現時点でラルクアンシエルというグループが解散することはないと思いますね。

まとめ

今回はラルクアンシエルの解散危機が本当なのかについて、メンバーの仲と事務所の評判に分けて書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

東スポはこれまで何度かラルクアンシエルの解散報道をされてきましたが、実際に解散することはなかったので、今回もラルクアンシエルが解散することはないと私は考えています。

これからもラルクアンシエルを応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク