桜

東京西部の多摩地方の桜の名所はいくつかありますが、有名な所だとたくさんの人で混雑するので避けたいと思う人も多いと思います。

もっと落ち着いてゆっくり桜を鑑賞したい!」「人が多くて騒がしいのは嫌!

そんな方の為に今回東京西部の多摩地方の桜の名所のおすすめ穴場スポットを紹介していきたいと思います。

今回選んだおすすめの桜の名所は以下の5つになります。

  • 黒鐘公園(国分寺市)
  • 多摩湖自転車道(東大和市)
  • 立川根川緑道(立川市)
  • 滝山公園(八王子市)
  • 中央大学多摩キャンパス(八王子市)

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

黒鐘公園(国分寺市)は子供と一緒に行くのにおすすめ!

>

国分寺市にある黒鐘公園は地元でもあまり知られていないのですが、桜の名所としては穴場スポットとしてひそかに知られています。

公園にはベンチもあるので、お弁当を食べるのにも最適です。

そして滑り台やブランコ、ジャングルジム、クライミングウォールといった公園には定番の遊具もあるので、子供さんと一緒に行けば楽しめると思います。

住所: 東京都国分寺市西元町4-10-47
アクセス :JR中央線・武蔵野線西国分寺駅南口から徒歩13分
駐車場: なし

多摩湖自転車道は散歩しながら桜を鑑賞するのにおすすめ!

多摩湖自転車道はサイクリングロードなので、のんびり散歩をしながら桜を鑑賞するのに適しています。

ベンチなどゆっくりくつろげる施設は設置していないので、お弁当などを食べるのには適していません。

あくまで散歩をしながら桜を鑑賞するという目的で行かれると良いと思います。

住所 :【多摩湖】東京都東大和市多摩湖6丁目2226番地
【狭山湖】埼玉県所沢市勝楽寺25番地2
アクセス」 【多摩湖】西武多摩湖線武蔵大和駅下車。徒歩10分。/ 西武多摩湖線・西武山口線西武遊園地駅下車。徒歩3分。西武山口線遊園地西駅下車。徒歩1分。
【狭山湖】西武山口線西武球場前駅下車。徒歩17分。
駐車場: あり

スポンサーリンク

立川根川緑道は桜の木以外にも自然が豊かなおすすめスポット!

立川根川緑道は立川市にある多摩都市モノレール線と多摩川が交差する一帯には桜の木がたくさん並んでいる遊歩道です。

そこには大正天皇が即位した記念としてたくさんのソメイヨシノを植えられました。

桜の木以外にも自然が豊かなので、数々の動物たちが生息しています。

住所:立川市錦町付近
アクセス 電車:多摩都市モノレール線で柴崎体育館駅下車
車:国道20号で日野橋交差点から新奥多摩街道に入り約3分
駐車場:周辺にコインパーキングあり

敷地一面に桜が咲いている中央大学多摩キャンパス!

中央大学多摩キャンパスには敷地一面に桜が咲いていてその風景は圧巻です。

所々にテーブルやベンチが設置されているので、お弁当などを持っていけば楽しめると思います。

大学の入学式と桜が満開する時期が重なれば良い絵になって良いですね。

モノレール直結なので交通の便が良いのもグッドですね。

住所: 東京都八王子市東中野742-1
アクセス; 多摩モノレール『中央大学・明星大学駅』直結 徒歩0分
駐車場: なし

約3000本もの桜がある滝山公園

多摩川と秋川の合流点の南側に広がる滝山公園には約3000本にもなるソメイヨシノやヤマザクラが植えられており、その割には人が少ないので都内では穴場スポットとしてひそかに人気があります。

ただ電車でのアクセスは良くないので、バスか車で行かれると良いと思います。

住所:東京都八王子市高月町・丹木町地内
アクセス:【電車】京王線京王八王子駅・JR八王子駅からバス約20分「滝山城址下」下車徒歩約15分【車】中央道八王子ICから約15分
駐車場:あり

まとめ

今回は東京西部の多摩地方の桜の名所のおすすめ穴場スポットを5つ厳選しました。

いかがでしたでしょうか?

散歩で桜を鑑賞したり、桜を鑑賞しながらお弁当を食べたりとそれぞれの用途にあった桜の名所を選ばれると良いと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク