滝沢カレンさんは変な日本語を使うので有名ですが、なぜなのか気になりますよね。

その原因は滝沢カレンさんの母親にある可能性がありそうです。

今回の記事ではその理由を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

滝沢カレンのプロフィール

滝沢カレン

それでは滝沢カレンさんのプロフィールから見ていきましょう。

名前:滝沢カレン(たきざわ かれん)

生年月日:1992年5月13日

出身地:東京都

血液型:AB型

身長:170cm

靴のサイズ:25cm

所属事務所:スターダストプロモーション

wikipediaより引用

滝沢カレンの日本語が変なのはなぜ?わざと狙ってる?

滝沢カレン

滝沢カレンさんの日本語が変なのは有名ですよね。

どのような意味で変なのかと言うと、とにかく日本語の言い回しがおかしいんです。

例えば以下のような日本語の言い回しです。

「いらっしゃる」→「おらっしゃる」

「お似合いになってる」→「鬼ってる」

「相乗効果」→「お互い様の効果」

「8階」→「7階と9階の間」

もうキャラ作りの為にわざと狙ってるとしか思えませんね(笑)

天然でここまで日本語が変なら逆の意味で凄いです。

しかし滝沢カレンさんの場合は本当に天然である可能性が高いんですよ。

スポンサーリンク

滝沢カレンの日本語が変な原因は母親にある?

滝沢カレンさんはハーフなので日本語が変だと思われてる人が多いと思います。

しかし滝沢カレンさんは日本生まれの日本育ちなんです。

なので普通の日本人と同じ条件なはずです。

それなのになぜ滝沢カレンさんの日本語は変なのでしょうか?

その原因は滝沢カレンさんの母親である宮沢さゆりさんの職業にあるみたいです。

滝沢カレン 母親 宮沢さゆり

こちらの画像が滝沢カレンさんと母親である宮沢さゆりさんですね。

宮沢さゆりさんは日本人なのですが、ロシア語の通訳をされています。

なので滝沢カレンさんは幼少の頃から母親について行って片言の日本語を聞くことが多かったことが日本語が変である大きな原因なのでしょう。

2015年11月15日放送の「行列のできる法律相談所」に母娘で出演してた時に娘の日本語が変な理由について宮沢さゆりさんが以下のようなコメントを残しています。

『仕事がロシア語の通訳だったため、幼い頃から周りにはいつも「日本語が片言なロシア人」ばかりという環境だった』

滝沢カレンさんの日本語が変だったのは母親である自分が原因だったと宮沢さゆりさんは後悔をしているのですね。

滝沢カレンさんが学校で友達と会話することで日本語は身につきそうなものですが、そうとも言い切れません。

なぜなら滝沢カレンさんが保育園や幼稚園に入る以前は母親とずっと一緒にいることが多かったはずです。

言語のスキルは3歳くらいまでにかなりの部分で決まってくると思います。

その頃に滝沢カレンさんは日本語が片言なロシア人を多く見てきたので、日本語が変な感じになってしまったのかもしれませんね。

滝沢カレンは英語は喋れるの?

滝沢カレンさんは日本語が変なので、英語なら喋れるのでは?と思ってる人も多いと思います。

結論から言うと滝沢カレンさんは英語はほとんど喋れません。

先程も言ったように滝沢カレンさんは日本生まれの日本育ちです。

なので、英語が喋れるようになる為には、普通の日本人と同じように英語の勉強をしなければ喋れるようにはならないでしょうね。

普通の日本人なら英語を喋れるようになると「かっこいい!」と評価されることがありますが、ハーフの人は頑張って英語を習得して喋れるようになっても、「幼少の頃は海外に住んでいたんだな」と思われて評価されないことが多いかもしれませんね。

むしろ英語が喋れないことの方が驚かれることが多く、また逆に日本語が喋れることに驚かれることがあります。

なので、ハーフの子供は幼少の頃から日本語をしっかりマスターできる環境を作ってあげることが必要だと思いますね。

まとめ

今回は滝沢カレンさんの日本語がなぜ変なのか、その原因について書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

滝沢カレンさんは日本語が変であることを売りにして芸能活動をされています。

自分の短所を長所に変えるというのは見習いたいものですね。

これからも滝沢カレンさんを応援していきたいと思います。

スポンサーリンク