KABAちゃん

オネエタレントのKABAちゃんが2月9日のダウンタウンDXにぺえさんやたけうち亜美さんらと共に出演されますね。

KABAちゃんと言えば最近声を女声に変える手術をされたそうで、その時の声が話題になりましたね。

今回はKABAちゃんが行った女声の手術はどんな手術なのか、そして費用はどれくらいかかったのかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

KABAちゃんのプロフィール

KABAちゃん

まずはKABAちゃんのプロフィールから見てみましょう。

名前:KABAちゃん

本名:椛島一華(かばしま いちか)、男性時代は椛島永次(かばしま えいじ)

生年月日:1969年6月19日

出身地:福岡県福岡市博多区

血液型:A型

身長:172cm

職業:タレント、振付師

所属事務所:プラチナムプロダクション

wikipediaより引用

KABAちゃんは小室哲哉プロディースのDOSのメンバーでデビューしました。

最初出てきた時は凄いダンスの上手い兄ちゃんというのが第一印象だったのですが、後にオネエであることが発覚しました。

KABAちゃんは最初はどう見ても男性だったのですが、年々綺麗になってきましたね。

KABAちゃんがやった女声の手術はどんな手術?

KABAちゃん

KABAちゃんの声はずっと低いの男性の声でしたね。

しかし最近KABAちゃんは女声の手術をされたみたいで、手術後に最初に番組に出演された時の声を聴いてびっくりしましたね。

しかし正直言うと一般的な女性の女声とはかなり違った感じですね。

いわゆるミッキーマウスの声やふなっしーの声のような男性的な裏声に聴こえました。

番組ではスピードワゴン井戸田潤さんには「喉にクロちゃんが住んでるの?」とからかわれたり、今田耕司さんにも「(女声の手術は)失敗や!」とか言われてました。

しかし現在の医学では完全な女声にすることは難しいみたいですね。

ではKABAちゃんがやった女声の手術とはどんな手術なのでしょうか?

女声 手術

女声の一般的な手術は喉仏の下を少しだけ切開して、上の画像のように喉仏の上の骨と下の骨を糸で引き寄せる手術ですね。

少し専門的になりますが、人間の声と言うのは喉の中にある輪状甲状筋が緊張することによって甲状軟骨と輪状軟骨が接近して声帯が伸ばされて声が高くなるのですが、その作用を手術によって行うのですね。

例えるなら輪ゴムを強く引っ張って指で弾くと音が高くなるのと同じ原理ですね。

この輪ゴムを強く引っ張るという行為が糸で結んで上の骨と下の骨を引き寄せるということと同じ原理です。

なので、この手術を行うことによって声が高くなります。

しかし一般的な男性が高い裏声で喋るのと同じような声質になってしまうのですね。(ミッキーマウスのような)

人間の声質というのはこれ以外の要素が大きく、元々の声帯の大きさや喉の空洞の大きさなど様々な要素があって個人個人声が違います。

この手術以外にも女声に近づける手術はあるのですが、なかなか女性と同じような女声にすることは難しいみたいですね。

スポンサーリンク

KABAちゃんの女声の手術の費用は?

KABAちゃんは女声の手術をタイでされたみたいですね。

その時に性転換手術も一緒にされたらしいです。(こちらがメインでしょうけど)

タイの病院では男性から女性に変える手術にいくつかのパッケージがあり、KABAちゃんは性転換手術と女声の手術のパッケージを選ばれたみたいですね。

手術の費用の総額は235万円ほどになるらしいです。

その中で女声の手術の費用は約30万円ほどらしいです。

KABAちゃんはこれまでに顔の整形手術も含めて相当の費用がかかっていると思います。

それだけ自分自身を磨くために、手術という大変なことをしてきているのですね。

その甲斐もあって最近のKABAちゃんは昔に比べると大分綺麗になりましたね。

そして戸籍も女性に変更して名前も椛島一華という素敵な名前になって良かったですね。

まとめ

今回は2月9日のダウンタウンDXに出演されるKABAちゃんの女声の手術について書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

KABAちゃんは自分自身を高めるために日々努力しているので、応援してあげたくなりますね。

これからもKABAちゃんがご活躍されることを信じています。

スポンサーリンク