宮原知子

フィギュアスケート宮原知子さんが左股関節を疲労骨折という大怪我をしてしまい、当分の間大会には欠場することになってしまいました。

怪我は疲労骨折ということなので、過剰な練習が原因だと思われます。

宮原知子さんの怪我はどのようなものなのか、そして3月の世界選手権までにちゃんと完治するのでしょうか?

今回はこのテーマについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

フィギュアスケートの宮原知子選手のプロフィール

宮原知子

それでは宮原知子さんのプロフィールから見ていきましょう。

名前:宮原知子(みやはら さとこ)

生年月日:1998年3月26日

出身地:京都府京都市中京区

血液型:B型

身長:150cm

所属クラブ:関西大学

wikipediaより引用

宮原知子の怪我は3月にヘルシンキで行われる世界選手権までに完治するの?

フィギュアスケート 宮原知子

フィギュアスケートの宮原知子さんが大怪我をしてしまった為、近々控えている四大陸選手権(韓国)では代わりに本郷理華選手、冬季アジア大会(札幌)には坂本花織選手が出場することになりました。

3月にヘルシンキで行われる世界選手権には出場できるように、宮原知子さんは今から治療に専念するそうです。

無理をしないでしっかり治してもらいたいですね。

宮原知子さんはまだ18歳と若いので、これからますます期待できる選手ですからね。

スポンサーリンク

宮原知子選手の股関節疲労骨折とは?

宮原知子さんの怪我の名前は股関節疲労骨折です。

疲労骨折とは同じ部分に何度も弱い力が加わり、それが積み重なってある時に骨折してしまうことです。

宮原知子さんの場合は股関節の疲労骨折なので、ジャンプの着地の時に何度も股関節に力が加わり、ついに骨折してしまったのですね。

宮原知子選手の股関節疲労骨折の完治は?

疲労骨折が完治する期間は一般的には約2ヶ月と言われています。

そして運動を控える期間は2~4週間と言われています。

それを考慮すると、3月の世界選手権までに完治するかどうかはちょっと微妙ですよね。

世界選手権という大舞台なので出場したいでしょうけど、宮原知子さんはまだまだ若いので無理をしないでもらいたいですね。

まとめ

今回はフィギュアスケートの宮原知子さんの怪我について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

宮原知子さんの怪我が3月の世界選手権までに完治するかどうかは微妙ではありますが、宮原知子さんの選手生命はまだまだ先が長いので、無理をせずにしっかり治してもらいたいものですね。

これからも宮原知子さんを応援していきたいと思います。

スポンサーリンク