宮下遥 バレーボール

グラチャンバレー2017が開幕していますね。

女子バレー日本代表のセッターと言えば宮下遥選手なんですが、グラチャンバレー2017には代表落ちになっているようです。

宮下遥選手がグラチャンバレー2017の代表落ちになっている理由はどうやら怪我をしているらしいんですよ。

そこで今回は宮下遥選手の怪我の状況復帰いつになるのかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

宮下遥のプロフィール

それでは宮下遥選手のプロフィールから見ていきましょう。

名前:宮下遥(みやした はるか)

生年月日:1994年9月1日

出身地:三重県桑名市

身長:177cm

体重:58kg

血液型:B型

所属事務所:岡山シーガルズ

愛称:はるか

ポジション:セッター

指高:228cm

利き手:右

スパイク:292cm

ブロック:283cm

wikipediaより引用

宮下遥選手は小学校1年生の頃からバレーボールを始め、大阪国際大和田中学校入学後はアタッカーからセッターに転向しました。

2009年5月宮下遥選手が14歳の時にVプレミアリーグ岡山シーガルズに選手登録されて黒鷲旗に出場は史上最年少でした。

2010年には15歳にして全日本女子チーム登録メンバー33名に選ばれたのは史上4人目でセッターでは中田久美さん以来の30年ぶりでした。

2014年には東京オリンピックの強化指定選手「Team CORE」のメンバーに選ばれています。

初出場となった久光製薬戦では試合中に味方選手とぶつかり前歯2本を折りましたが、それでも試合でプレーし続けるほど宮下遥選手は気持ちの強い選手です。

宮下遥がグラチャンバレー2017にいない!代表落ちの理由は足の怪我?

今年のグラチャンバレー2017に女子バレー日本代表のセッター宮下遥選手がいないんです!

宮下遥選手はどうやらグラチャンバレー2017には代表落ちしたらしいですね。

宮下遥選手は当初エントリーメンバーの20人のリストには入っていました。

しかし最終登録の14人に宮下遥選手は外れてしまっていたのです。

宮下遥選手は日本の女子バレーのセッターの第一人者である竹下佳江選手の後任としてこれからの女子バレーの中心的存在として期待されていたので、今回のグラチャンバレー2017での代表落ちは非常に残念ですね。

これだけ期待されていた宮下遥選手ですが、グラチャンバレー2017で代表落ちの理由は何だったのでしょうか?

それは足の怪我らしいです!

宮下遥の足(ヒザ)の怪我の状況は?

宮下遥選手は怪我が原因でグラチャンバレー2017代表落ちしてしまったのです。

具体的な場所はヒザの腱の炎症ジャンパーズニーと呼ばれる膝蓋腱炎だと言われています。

ジャンパーズニー(膝蓋腱炎)とはジャンプする際に膝蓋腱が損傷し、ヒザのお皿の下が腫れて炎症し痛みが起こります。

症状が軽ければ患部を冷やし安静にしていれば治まりますが、悪化すると膝蓋腱が断裂したり、膝にある骨が剥離骨折したりします。

バレーボールという競技は硬いコートの上で何度も高いジャンプが必要とされる競技です。

それが積み重なって膝にはかなりの負担になっているんですね。

しかも女子バレーの国際大会ともなるとかなりのハイペースで試合することになり、怪我のリスクが高まります。

宮下遥選手は8月のアジア選手権でも怪我が原因で代表落ちしています。

その後怪我が回復したことでグラチャンバレー2017の当初のメンバーにはエントリーされていたのですが、その後の経過が悪かったみたいで結局代表落ちになってしまったのです。

2ヶ月連続の大きな国際大会での欠場は宮下遥選手にとっても悔しいでしょうね。

しかしそれだけヒザの怪我の状況が良くないのでしょうね。

宮下遥選手のヒザの怪我の状況については現時点では公表されていません。

しかし手術の予定はなさそうなので、しっかり静養すれば回復すると思います。

宮下遥選手は2020年の東京オリンピックには絶対に出場したいと考えているはずです。

ここでヒザを完全に治しておかないと選手生命まで終わりかねません。

しっかり治していただきたいものですね。

スポンサーリンク

宮下遥の復帰はいつ?

宮下遥選手のヒザ怪我状況については公表されていないので、復帰いつになるのかについて具体的な時期についてはわかっていません。

しかし今回のグラチャンバレー2017では最終エントリーから外れてしまっているので、仮にヒザの怪我が良くなっても出場することはできません。

宮下遥選手のジャンパーズニー膝蓋腱炎)の治療で最も大切なことは何と言っても安静にしてヒザを休ませることです。

完全に治るまで練習でもジャンプはしない方が賢明だと思います。

アジア選手権、グラチャンバレー2017と2つの大きな大会での欠場は本人にとっては悔しいでしょうが、焦らずにしっかり治していただきたいものですね。

まとめ

今回はグラチャンバレー2017に出場していない宮下遥選手の怪我状況などについて書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

宮下遥選手はまだ22歳とバレーボールの選手としてはまだまだこれから頑張っていただきたいです。

ここで無理をしてしまうと引退せざるを得ないことになってしまうことにもなりかねません。

2020年の東京オリンピックではチームの中心となって日本を引っ張っていっていただきたいですね。

これからも宮下遥選手を応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク