7月18日の「踊る!さんま御殿!!」にイノサクこと井上咲楽さんが出演されますね。

ちょっとわったキャラの井上咲楽さんですが、太眉毛変顔可愛いですよね。

眉毛だけでなくて体毛濃いみたいですね。

そこで今回は井上咲楽さんがなぜ眉毛や体毛が濃いのか、さらに不快だという評判理由についても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

井上咲楽(イノサク)のプロフィール

井上咲楽 眉毛 濃い 太眉

それでは井上咲楽イノサクさんのプロフィールから見ていきましょう。

名前:井上咲楽(いのうえ さくら)

生年月日:1999年10月2日-

出身地:栃木県芳賀郡益子町

身長:151cm

血液型:A型

デビュー:2015年

所属事務所:ホリプロ

wikipediaより引用

井上咲楽さんは中学時代に同級生とよしもとに入ってお笑いコンビを組んで活動するつもりだったそうです。

しかしドラマの演技などを見ていくうちに女優を目指すようになります。

憧れの女優さんは石原さとみさんや有村架純さんらしいです。

2015年には「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でソフトバンク賞を受賞しデビューしました。

もともと負けず嫌いの性格で、同級生の男の子と取っ組み合いの喧嘩をしたこともあるそうです。

その負けず嫌いが芸能活動でも発揮しそうですね。

井上咲楽(イノサク)の太眉毛や変顔が可愛い!

井上咲楽イノサク)さんと言えば太眉毛が特徴的ですよね。

女の子の眉毛とは思えないほど凛々しくてこち亀両さんもビックリですね。

実際に小学校の時に周りから「両さん」とあだ名を付けられたそうですが(笑)

さらに中学校の時には井上咲楽さんの眉毛が繋がってることが職員会議に持ち出されて「抜いてくれ」と指導もされたそうな。

しかも眉毛をほとんど整えていなくてボサボサ眉毛なんですよね。

これはキャラを売っていく為にわざとなんでしょうかね~?

キャラを売っていくと言えば井上咲楽さんは変顔もよくされています。

やはりこういうキャラなんですね。

しかしこれがなかなか可愛いと言う声も多く聞かれますね。

賛否は分かれそうですが、こういう面白いキャラが好きな人も多いでしょうね。

スポンサーリンク

井上咲楽(イノサク)はなぜ眉毛や体毛が濃い?

井上咲楽イノサク)さんは女の子なのになぜこれほど眉毛体毛濃いのか気になりますね。

それは井上咲楽さんの父親がめちゃくちゃワイルドで、見るからに山男という感じなので遺伝の要素が大きいのでしょうね。

井上咲楽さんが生まれ育った栃木県芳賀郡益子町はイノシシが出るほどの山奥なんだそうです。

そこで井上咲楽さんの父親が山を切り開いて家を建てたそうです。

そんなところで生まれ育った井上咲楽さんですから女の子でもあれだけ眉毛や体毛が濃いんですね。

これだけ眉毛や体毛が濃いと女の子なら普通はコンプレックスなんですが、井上咲楽さんはそれを活かしてミスタービーンのものまねができるようになってホリプロに入れたのです。

眉毛や体毛が濃いおかげで井上咲楽さんは芸能界に入れたのですね。

短所を長所に変えれる井上咲楽さんは素晴らしいですね。

現在コンプレックスを抱えている人も井上咲楽さんを見習うべきなのかもしれませんね。

井上咲楽(イノサク)が不快だという評判の理由は下品だから?

井上咲楽イノサク)さんは眉毛体毛濃いとか変顔とかでネガティブなキャラで売っていっていますね。

しかし井上咲楽さんは不快だという悪い評判も一部では聞かれます。

その理由は井上咲楽さんが下品だからということらしいです。

「眉毛や体毛が濃いとか体質なんだから下品とか可愛そうでしょ!」

と思われる人も多いと思いますが、実は井上咲楽さんが下品なのは別の理由があるのです。

それはおねしょおなら水虫などをネタにしていることです。

特におならについてはツイッターで実況中継もしています。

う~ん、これは確かに下品でいただけませんね。

井上咲楽さんはさらにおねしょについてもネタにしています。

以前のテレビ番組で中学1年生の時に教室でおねしょしたこともカミングアウトしています。

17歳になってる今でもおねしょをするそうなんですよ!

家族にバカにされるのが嫌で布団を干さずにシーツをそのままにしているのだとか(笑)

さすがにここまで下品だと悪い評判の声も出て来るのは致し方ないですよね。

しかしこういうキャラを可愛いと受け取る人も少なからずいますので賛否は分かれそうですね。

まとめ

今回は7月18日放送の「踊る!さんま御殿!!」に出演される井上咲楽さんについて書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

井上咲楽さんはトレードマークの太眉毛体毛濃いというキャラ下品なキャラで売っていっていますね。

賛否は分かれるでしょうけど、女の子でこういうキャラは滅多にいないので一定の需要はあると思います。

これからも井上咲楽さんを応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク