藤井聡太四段の連勝記録が凄いですがいったい誰が止めるのでしょうね。

対局結果が出て藤井聡太四段の連勝を止めた相手が佐々木勇気五段です。

佐々木勇気五段と言えば目力怖いんですよね。

さらに佐々木勇気五段は「青いの」と呼ばれているのですが意味は何なのでしょうか?

今回はこのあたりについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

佐々木勇気五段のプロフィール

佐々木勇気五段

それでは佐々木勇気五段プロフィールから見ていきましょう。

名前:佐々木勇気(ささき ゆうき)

生年月日:1994年8月5日

出身地:スイス・ジュネーブ生まれ、埼玉県三郷市出身

職業:将棋棋士

師匠:石田和雄

プロ入り:2010年10月1日

wikipediaより引用

佐々木勇気五段は藤井聡太四段に負けないくらいの天才棋士!

佐々木勇気五段はスイス・ジュネーブで生まれ2歳の時に日本に来て5歳の時に将棋を覚えたそうです。

そして小学校4年生の時に小学生名人戦に出場し上級生を抑えて見事優勝しています。

小学校4年生での優勝は渡辺明竜王と並んで最年少記録です。

そして16歳の高校1年生でプロ棋士になっているのは凄いですね。

もう少しで中学生棋士だったのですから。

藤井聡太四段に負けないくらいの天才棋士だと言えると思います。

プロ棋士になってからの佐々木勇気五段も2013年度に加古川青流戦で優勝するなど実績を挙げていて、将来はタイトルを取るだろうと期待されている棋士です。

なので藤井聡太四段の30連勝目をかけた対局も勝敗は全くの五分だろうと思われます。

追記:結果は藤井聡太四段の連勝記録は止まり、佐々木勇気五段の勝利となりました。

藤井聡太四段の30連勝目の相手佐々木勇気五段の目力が怖い!

藤井聡太四段30連勝目をかけた相手である佐々木勇気五段目力怖いことで知られています。

上のツイッターでの画像を見てもわかりますよね。

将棋のニコ生での中継を見ていても佐々木勇気五段に関するコメントで目力が怖いと書き込んでいる人が多いです。

まるで何かに取り憑かれたかのような目ですね。

それだけ佐々木勇気五段は純粋に将棋に真摯に取り組んでいるんでしょうね。

それが佐々木勇気五段の目力となって現れているんだと思います。

先日、藤井聡太四段が29連勝目の新記録達成した時の対局にも佐々木勇気五段は観戦しにきて藤井聡太四段を睨んでいる場面がありました。

こちらがその時の画像です。

佐々木勇気五段 藤井聡太四段

藤井聡太四段を見る佐々木勇気五段の目力が怖いですよね。

普通は次回の対戦相手の対局室まで入ってきて観戦しにくると言うのは異例です。

それだけ佐々木勇気五段が藤井聡太四段に対して闘志を燃やしているのがわかります。

藤井聡太四段の30連勝目をかけた佐々木勇気五段との対局が楽しみですね。

追記:結果は藤井聡太四段の連勝記録は止まり、佐々木勇気五段の勝利となりました。

スポンサーリンク

佐々木勇気五段が呼ばれている青いの意味は?

佐々木勇気五段は将棋のニコ生中継のコメントでも「青いのが来た!」とか言われているんですね。

いったい「青いの」の意味は何なのでしょうか?

佐々木勇気五段は以前にプロ棋士の仲間の間でのフットサルの試合に出場したのですが、ユニフォームが無くて、一人だけ日本代表の青いユニフォームを着用して試合に出たんですね。

その時の佐々木勇気五段があまりにも目立ちすぎてて、その試合に一緒に出ていた渡辺明竜王が「そこの、青いの!」と呼んだのが知れ渡って、佐々木勇気五段はニックネームが「青いの」になってしまったのですね。

なるほど!「青いの」の意味にはそんな面白いエピソードがあったのですね。

佐々木勇気五段は将棋だけでなくフットサルも上手いらしくて運動神経抜群らしいですよ。

顔もイケメンなので女性にもモテモテなんでしょうね。

これからの活躍が楽しみですね。

まとめ

今回は藤井聡太四段の30連勝目をかけた対戦相手である佐々木勇気五段について書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

佐々木勇気五段は藤井聡太四段に勝るとも劣らないほどの天才棋士です。

藤井聡太四段の30連勝目を止めても全く不思議ではなかったと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク