将棋の連勝記録を達成した藤井聡太四段ですが、CMオファーがかなり来ているみたいですね。

そこで今回はCMオファーや芸能界入りについて、さらに藤井聡太四段はこのまま勝ち進んでいくと対局がさらに増えていきそうなので、学校出席日数高校進学についても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

藤井聡太四段のプロフィール

藤井聡太

それでは藤井聡太四段プロフィールから見ていきましょう。

名前:藤井聡太(ふじい そうた)

生年月日:2002年7月19日

出身地:愛知県瀬戸市

師匠:杉本昌隆

wikipediaより引用

藤井聡太四段にCMオファー?芸能界入りは?

日本将棋連盟を通じて藤井聡太四段CMオファーが殺到しているみたいですね。

特に藤井聡太四段は対局中の食べ物が話題になっていたので、特に食品業界からのCMオファーが多いみたいですね。

過去にプロ棋士にCMをやった人は結構いて、有名なのがタイトル七冠を取った羽生善治三冠の公文式のCMですね。

また藤井聡太四段には芸能界入りのオファーの準備もいろんな芸能事務所から進められてるみたいですね。

特に米倉涼子さんや上戸彩さんなど大物が所属するオスカープロモーションからは

「面白い人材。興味深いです」。

と興味津々です。

現在プロ棋士で芸能事務所に入ってる人は男性棋士では橋本崇載八段がエイジアプロモーションに所属しています。

女流棋士では竹俣紅女流初段がワタナベエンターテインメントに所属しています。

しかし藤井聡太四段の師匠の杉本昌隆七段は将棋の対局と学業に専念させるみたいです。

藤井聡太四段はまだ中学生なので学校出席しなければいけません。

そして10代というのはもっとも将棋が強くなる時期です。

この大事な時期に将棋以外のことにあまり手を出して本業の将棋が弱くなってしまったら元も子もないです。

少なくとも学校に在学中はCMオファーや芸能界入りは断るべきだと思います。

藤井聡太四段自身も将棋が強くなる為には今が大事な時期だと認識しています。

なので現時点ではCMオファーも芸能界入りもないと思いますね。

スポンサーリンク

藤井聡太四段の学校の出席日数は足りる?

藤井聡太四段は現在中学3年生です。

藤井聡太四段は対局に勝ち続けています。

プロ棋士は勝ち続ければ勝ち続けてるほど対局が増えて忙しくなるのです。

これからも藤井聡太四段は勝ち続けると思うのでますます対局に忙しくなると思います。

そんな状態で学校出席日数が心配になってきますよね。

中学校は義務教育なのでなおさらそう思いますよね?

結論から言うと中学校は出席日数が足らなくても大丈夫です!

よく誤解されることなんですが、中学校の「義務教育」と言うのは「親が子供に教育を受けさせる場を作る」ことが義務なんです。

なので親が子供に義務教育を受けさせる手続きさえしていれば全く問題ありません。

しかもグレてしまったとか登校拒否とかではなく藤井聡太四段は将棋で活躍しています。

なので中学校の出席日数が足りなくても大丈夫です。

藤井聡太四段の高校進学は?

藤井聡太四段は現在名古屋大学教育学部附属中学校に通っています。

名古屋大学教育学部附属中学校は中高一貫校なのでエスカレーター式で高校には進学できるでしょう。

しかし藤井聡太四段は現在対局数が増えて中学校にもあまり出席できていない状況です。

高校に進学してもあまり出席できない可能性が高いです。

羽生善治三冠も高校に進学しましたが、対局で忙しくて高校に通えないので通信制高校に編入して卒業したそうです。

そう考えると藤井聡太四段も高校進学はせずに将棋に専念した方が良いと思います。

藤井聡太四段の場合はもう将棋だけで食べていけそうですからね。

もちろん藤井聡太四段が将棋だけでなくいろんなことに挑戦したいとか経験をしたいというなら高校に進学したり、CMオファー芸能界入りオファーを受けたりするのもアリだとは思います。

しかし藤井聡太四段は将棋一筋の考えで少しでも強くなってタイトルを取りたいと考えているはずです。

なのでCMオファーや芸能界入りはもちろん高校進学もしないだろうと私は思います。

まとめ

今回は藤井聡太四段のCMオファーや芸能界入り、高校進学などについて書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

藤井聡太四段はこれからの将棋界にとっては宝です。

是非将棋一筋で頑張っていただきたいですね。

これからも藤井聡太四段を応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク