パソコン 個人情報

2017年6月22日にフリマアプリ「メルカリ」のWEB版個人情報流出してしまったらしいです。

「メルカリ」を利用する人にとってはこれは大問題で悪用心配をされている方もいると思います。

そこで今回は悪用の心配やお知らせメールが来ない人は大丈夫なのかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

メルカリの個人情報流出問題とは?

今回のメルカリ個人情報流出で対象となった方は5万4千人です。

メルカリの個人情報流出問題が最初に起きたのは午前9時41分のことで、キャッシュサーバーの切り替えを行なった時みたいです。

そして14時41分にはカスタマーサポートの方に利用者から問い合わせがあってメルカリの個人情報流出問題が発覚したらしいです。

その利用者からの問い合わせの内容はWEB版にログインすると他の利用者のアカウントページが表示されるということです。

流出した個人情報は何?

今回のメルカリ個人情報流出問題で流出してしまった可能性がある個人情報は以下のようになっています。

●名前・住所・クレジットカードの下4桁と有効期限(*登録しているユーザーのみ)
●購入・出品履歴
●ポイント・売上金・お知らせ、やることリスト

名前や住所などの個人情報を相手に知らせなくても利用できるのがメルカリの最大のメリットなので、今回の問題は非常に残念ですね。

特にクレジットカードの番号とか悪用されないか心配で恐ろしいです。

スポンサーリンク

過去にメルカリを利用したことがあっても6月22日に閲覧していなければ大丈夫?

6月22日に閲覧していなくても過去にメルカリを利用したことがある人は個人情報流出心配していると思います。

メルカリによれば現時点では6月22日にWEB版を閲覧していなければ大丈夫みたいです。

しかも6月22日の9時~14時の間のメンテナンスの時間に利用してた人のみが影響があるらしいです。

しかし今回の問題でメルカリは信用を失ったので、今後の報道によっては変わってくる可能性もあるかもしれません。

これ以上大事にはならないことを祈りたいです。

お知らせメールが来ない人は大丈夫?

個人情報流出してしまった人には個別でメルカリからお知らせメールが来るらしいです。

お知らせメールが来ない人は大丈夫なのでしょうか?

完全に大丈夫とは言えないと思います。

迷惑メールに入ってしまってる場合もありますし、メルカリ側の見落としも考えられます。

お知らせメールが来なくて不安な方はお問い合わせページからメルカリ事務局の方に問い合わせすることをおすすめします。

メルカリで個人情報流出で悪用の心配は?

今回のメルカリ個人情報流出問題は悪意のある誰かがハッキングしたことによって起こったものではありません。

あくまでメルカリの企業に落ち度があって起こったものです。

たまたま個人情報を見た人が悪用する可能性ももちろん考えられます。

しかし5万4千人もある中からターゲットにされる可能性は低いでしょう。

なので今回の個人情報流出で悪用される心配は可能性としては非常に低いと思います。

とは言えもちろん悪用の可能性はゼロではありません。

まとめ

今回はメルカリの個人情報流出問題について書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

今回のメルカリの個人情報流出で対象となった方は悪用などされないことを祈りたいですね。

メルカリの今後の対応に注目してみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク