ジミー大西さんは若かりし頃、明石家さんまさんの付き人をしていたことがあるのは有名な話ですね。

そんなジミー大西さんは付き人時代に明石家さんまさんを激怒させたことがあるらしいんですよ!

あの明石家さんまさんを激怒させた理由は何なのでしょうか?

またジミー大西さんは整形したことも告白していて整形費用も気になりますね。

さらにジミー大西さんは最近ツイッター開始したらしいので、このあたりについても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ジミー大西のプロフィール

ジミー大西

それではジミー大西さんのプロフィールから見ていきましょう。

名前:ジミー大西

本名:大西秀明

生年月日:1964年1月1日

出身地:大阪府八尾市

身長:164cm

血液型:A型

活動期間:1982年-

所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

wikipediaより引用

ジミー大西が明石家さんまを激怒させた理由は嘘をついたから?

ジミー大西さんは以前にテレビ大阪の「わざわざ言うテレビ」で付き人時代に明石家さんまさんを激怒させた理由を語っています。

その理由はジミー大西さんが明石家さんまさんに嘘をついたかららしいです。

昔ジミー大西さんは付き人時代に明石家さんまさんに「新幹線8時やから7時に起こしてくれよ。」と頼まれたそうです。

そして当日の朝、ジミー大西さんが起きて時計を見た時は既に8時になってしまっていたらしいです。

ジミー大西さんは「これはヤバイ!」と思って時計の針を5時の所まで戻してしまったのです。

しかも明石家さんまさんを送迎する車についてある時計までその時刻に変えてしまって偽装しました。

そして明石家さんまさんを車で駅まで送迎することになったのですが、この時点では時計を偽装したことがバレていません。

そして新幹線に乗る駅に到着したのですが、駅の時計は正確な時刻を示していました。

そこで明石家さんまさんは「おい、ジミー!昼やんけ!どっちが間違うてんねん!?」と激怒したのです。

観念したジミー大西はその時にすべて正直に話し謝ったのですが、明石家さんまさんは「お前そういう嘘はつくなや!」と激怒しました。

なんかコントみたいですね(笑)

後々100%嘘はバレてもっとひどいことになるのはわかってるのに、そういう浅はかなことができるジミー大西さんは天然ですね(笑)

追記:そういうエピソードを詰め込んだ明石家さんまプロデュースのドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマな話~」が小出恵介さんの不祥事によりお蔵入りの可能性があります。

気になる方はこちらの記事もご覧ください。

小出恵介が活動停止で明石家さんまのドラマJimmyは中止でお蔵入り?内容は?

スポンサーリンク

ジミー大西は整形手術をしていた!整形費用は?理由は?

ジミー大西さんは以前に関テレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」で顎の骨を5ミリ削る整形手術をしていたことを明かしました。

その時の出演者はみんな驚いていました。

そりゃあジミー大西さんが整形手術をするイメージが全くないし、顔も全然変わっていないように見えるので驚きますよね?

しかもジミー大西さんが整形手術を受けたのは随分前でもう10年前らしいです。

整形費用はなんと150万円らしいです。

それだけの費用を掛けて整形手術を受けたのに周りからあまり気づかれないというのはなんだか悲しいものがありますね。

とは言ってもそこがジミー大西さんの狙いなのかもしれませんね。

明らかに「私は整形しました。」ではなくて他人から「ん?最近ジミー大西さんなんだか格好良くなったね!」と言われたかったのでしょうか?

整形した理由も単純にモテたいからみたいです。

「みんなテレビ出たらそこそこモテるやん。なんでかモテへん。」

それなら目とか鼻とかすれば良いと思うのですが・・・

その後ジミー大西さんがモテるようになったのかどうかは不明です(笑)

ジミー大西は最近ツイッターを開始していた!

ジミー大西さんは2017年3月にツイッターのアカウントの登録をし、4月から投稿を開始しました。

しかしそのことはあまり知られていないみたいで、5月30日の時点でフォロワーの数は約1800人で有名人としてはかなり少なめです。

そんなジミー大西さんの投稿はどんなものなのかというと、動画の投稿が多くなっています。

こんな感じです。

日常のどうでも良いようなことからジミー大西さんの得意分野である芸術的なことなどさまざまな投稿をされています。

テレビでは見れないジミー大西さんの本来の姿も見れるのも良いですね。

まとめ

今回はジミー大西さんについて書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

ジミー大西さんは多才で魅力的な芸人さんなので、これからもっとテレビで活躍されるところをみたいですね。

これからもジミー大西さんを応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク