プール熱

プール熱咽頭結膜熱)が流行っているらしいですね。

しかし病気の名前は知っていても実際にどんな病気なのかはあまり知られていないと思います。

そこで今回はプール熱がどんな病気なのか、初期症状予防法について、また大人でもなるのかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

プール熱(咽頭結膜熱)はどんな病気?

プール熱とはアデノウイルスによる感染症で正式な名称は咽頭結膜熱と言います。

子供がプールに入ることが多くなる夏に流行することからプール熱と呼ばれているんですね。

時期的には6月くらいから流行り出し、夏の一番暑い時期である7月~8月にピークを迎えます。

症状としては喉の痛みや腫れ、目が充血し痛みやかゆみが出て、39度以上の高熱が続いたりします。

さらに下痢、嘔吐、腹痛など消化器系の症状も出ることもあります。

プール熱(咽頭結膜熱)の子供の初期症状は?

プール熱は大体1週間くらいの潜伏期間を経て発病しますが、子供の場合の初期症状は喉の痛みや目のかゆみなどが起こります。

また咳や頭痛や腹痛などの症状も伴うこともあります。

やがて喉が腫れてきたり痛みも伴う喉頭炎になったり、目が充血し目ヤニが出る結膜炎になったりします。

さらに39度以上の高熱が続くこともあります。

症状がひどくなる前の初期症状の段階で医師の診察を受けるなどの対処をしておくべきです。

スポンサーリンク

プール熱(咽頭結膜熱)の予防法は?

次にプール熱の予防法について見ていきたいと思います。

アメリカでは一部でワクチンが導入されているようですが、日本では許可されていないようです。

アデノウイルスは感染力が非常に強いので簡単に拡散されます。

なのでしっかり予防することがたいせつですね。

プール熱の予防法としては次のようなことがあります。

  • 手洗いとうがい
  • プールに入る前後はしっかりとシャワーを浴びる
  • タオル、洗面器、食器は共有しない
  • おむつ替えに注意
  • 感染者の分泌物(唾液など)との接触に注意する

それぞれ見ていきたいと思います。

手洗いとうがい

やっぱり重要なのは普通の風邪と同じように手洗いとうがいは基本ですね。

特に手洗いは重要なので、石鹸で爪の間など特にしっかりと洗いましょう。

プールに入る前後はしっかりとシャワーを浴びる

プールに入る前後にはしっかりとシャワーを浴びましょう。

特にプールの後のシャワーは重要です。

タオル、洗面器、食器は共有しない

アデノウイルスは接触感染するので、感染者とは同じタオルを使うことは避けましょう。

洗面器や食器も共有しないようにしましょう。

乳児が感染の場合はおむつ替えに注意

乳児がアデノウイルスに感染した場合はおむつ替えに注意する必要があります。

排泄物を経由して感染することも多いのでおむつ替えの後には特にしっかりと石鹸で手を洗う必要があります。

感染者の分泌物(唾液など)との接触に注意する

アデノウイルスは接触感染はもちろん飛沫感染もします。

なので予防の為には感染者との接触に注意する必要があります。

特に咳やくしゃみを経由して感染することが多いので、マスクの着用や換気をしっかりすることに心がけましょう。

プール熱(咽頭結膜熱)は大人でもなるの?

プール熱(咽頭結膜熱)は90%以上が子供がなります。

しかし感染した子供を経由して大人にも感染します。

大人がプール熱にならない為には先程あげた予防法を実践することが大切ですね。

そして子供が感染した場合は学校は休ませるようにします。

一般的にプール熱と聞くと子供の病気というイメージなので、大人は油断しがちです。

特に子供を持つ親は普段から手洗いなどしっかりすることを習慣化させるようにしましょう。

まとめ

今回はプール熱(咽頭結膜熱)について書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

プール熱の予防法は風邪と同じように手洗いとうがいが基本です。

そして感染者とはタオルや食器などの共有は避けましょう。

是非参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク