高橋名人 しくじり先生

5月28日の「しくじり先生」に高橋名人が出演されますね。

高橋名人と言えば80年台のファミコン世代の人にとっては憧れの存在だったという人も多いと思います。

しかし今回の「しくじり先生」で高橋名人は実は「ゲームが超下手で子どもたちを騙していた」という衝撃的な発言をされます。

そこで今回は高橋名人の16連射スイカ割りなのか、また高橋名人が逮捕されたという噂が広がった理由についても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

高橋名人のプロフィール

高橋名人

それでは高橋名人のプロフィールから見ていきましょう。

名前:高橋名人

本名:高橋利幸(たかはし としゆき)

生年月日:1959年5月23日

出身地:北海道札幌市西区

身長:163cm

体重:68kg

血液型:O型

所属事務所:Be.Brave Group、アミュレート

wikipediaより引用

高橋名人がしくじり先生出演!実はゲームが超下手だった?

高橋名人は「しくじり先生」では自身は「ゲームが超下手だった」と告白しています。

実際本当に高橋名人はゲームが下手だったのでしょうか?

高橋名人はゲームソフト会社のハドソンの会社員だったのですが、ゲームソフトの宣伝の為に「ハドソン全国キャラバン」というイベントをやることになり、そのゲームの実演役として高橋名人が指名されたのです。

なのでゲーム大会で優勝したからゲームの名人になったわけではなく、単なるゲーム会社の会社員が名人に指名されたのですね。

そんな高橋名人ですが、元々それほどゲームが上手かったわけではないので猛練習したそうです。

「しくじり先生」のオンエアでは「ゲーム開始2分間だけ猛練習した」と言っています。

しかし私も高橋名人の「スターソルジャー」のプレイ動画を見ましたが、かなり上手いと思いました。

ゲーム開始2分間だけとは言っても普通の人は練習してもなかなかあそこまで上手にプレイできないのではないでしょうか?

そして「しくじり先生」で若林さんが「スーパーマリオはどこまで行けますか?」と高橋名人に質問して「1-3」と回答に一同びっくりしていました。

しかし「スーパーマリオ」はアクションゲームなのでシューティングゲーム専門の高橋名人はほとんどやっていなかったので下手だということでしょう。

なので高橋名人のゲームが超下手というのは正確には自分が練習していないゲームに関しては超下手ということだと思います。

スポンサーリンク

高橋名人の16連射やスイカ割りは嘘?

高橋名人と言えば16連射をキャッチフレーズにしていますね。

つまりコントローラーのボタンを1秒間に16回押すことができるということです。

これは普通の人にはなかなか無理な値なので、「実は高橋名人の16連射というのは嘘ではないか?」という噂もありました。

しかし高橋名人は実際は16連射どころか17連射以上できたらしいです。

16連射というのがゴロが良いから16連射になったみたいですね。

さらに高橋名人は「GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦」という映画でスイカに16連射をすることでスイカ割りをしていました。

しかしこれはやらせで嘘だったらしいです。

映画なので、このパフォーマンスはありなんでしょうね(笑)

高橋名人の逮捕の噂の理由はバネ?

最後に高橋名人は当時逮捕の噂がありました。

逮捕の噂が出回った理由は「コントローラーにバネを仕込んでいたことで16連射をして子どもたちを騙していたのではないか?」という疑惑からです。

しかし実際に高橋名人は「コントローラーにバネは仕込んでいない」とバネ疑惑は否定しています。

さらに高橋名人が逮捕までされたという噂が出回った理由も高橋名人がイベントで警察の1日所長を務めたというのが歪んで噂されたのです。

「警察の1日所長をした」→「警察に行った」→「逮捕された」と飛躍しすぎでしょ!(笑)

なので高橋名人が逮捕されたという事実は全くの嘘です。

まとめ

今回は5月28日放送の「しくじり先生」に出演する高橋名人について書いてきました。

いかがでしたでしょうか?

これからも高橋名人を応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク